東京慈恵会医科大学 解剖学講座 岡部研究室
THE JIKEI UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE DEPARTMENT OF ANATOMY
Reseach
Model organisms
Member
大学院生募集
非常勤研究員登録制度
Seminar
Publication
Lab Photo
History
Access

COLOR UNIVERSAL DESIGN

色覚バリアフリー







研究者プロフィール

助教 辰巳 徳史

 学部時代に発生学に出会い、アカハライモリの卵が発生していく様子を観察してその生命の神秘さの虜になった。修士、博士時代は熊本大学 発生医学研究センターの横内教授のもとでニワトリ胚を用いて肝臓発生をテーマに研究を行い、器官発生の面白さに目覚める。また、この研究を通じて同じ器官でも分子メカニズムや形態形成過程が動物種によって微妙に異なる事を学び、その違いを比較生物学、進化学的に明らかにできればと思い岡部研究室の門を叩く。2008年度より、岡部教授のもとで進化発生学、解剖学を学びながら新たなテーマである横隔膜の発生、獲得機構の解明を行っている。現在は自分の研究と学生さんの指導などで忙しくしています。

私から見た研究室の様子

  学生が大勢いるので多少込み合っていますが、風通しのよいラボです。皆いい人たちばかりなので助かっています。

座右の銘?

  研究はチームワークだ!!
(実験は一人では出来ません。研究費、共通機器、ディスカッションする相手がいなければいい研究は出来ないと思います。)

テーマ

  横隔膜獲得機構の解明

キーワード

  初期発生、器官発生、横隔膜、肝臓、進化

所属学会

  日本発生生物学会、日本分子生物学会

略歴

  平成10年 宮崎南高等学校 卒業
  平成14年 熊本大学 理学部 生物科学科 卒業
  平成16年 熊本大学 自然科学研究科 修士課程 修了 (理学修士)
  平成20年 熊本大学 医学教育部 博士課程 修了 (医学博士)
(発生医学研究センター パターン形成分野)
  平成20年〜 東京慈恵会医科大学 解剖学講座 助教

研究業績

2008年度
1)Matsumoto K., Miki R., Nakayama M., Tatsumi N., and Yokouchi Y.
Wnt9a secreted from the walls of hepatic sinusoids is essential for morphogenesis, proliferation, and glycogen accumulation of chick hepatic epithelium. Dev Bio. 319(2): 234-247.
 
2)Yanai M., Tatsumi N., Hasunuma N., Katsu K., Endo F., and Yokouchi Y.
FGF signaling segregates biliary cell-lineage from chick hepatoblasts cooperatively with BMP4 and ECM components in vitro. Dev Dyn. 237(5):1268-1283.
 
2007年度
4)Tatsumi N., Miki R., Katsu K., Yokouchi Y.
Neurturin-GFRα2 signaling controls liver bud migration along the ductus venosus in the chick embryo. Dev Bio. 307(1): 14-28
 
2006年度
5)Mizuho N., Matsumoto K., Tatsumi N., Yanai M., Yokouchi Y.
Id3 is important for proliferation and differentiation of the hepatoblasts during the chick liver development. Mech Dev.123(7):580-590
 
2005年度
6)Yanai M, Tatsumi N, Endo F, Yokouchi Y.
Analysis of gene expression patterns in the developing chick liver. Dev Dyn. 233(3):1116-1122
2006 © Masataka Okabe