東京慈恵会医科大学 解剖学講座 岡部研究室
THE JIKEI UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE DEPARTMENT OF ANATOMY
Reseach
Model organisms
Member
大学院生募集
非常勤研究員登録制度
Seminar
Publication
Lab Photo
History
Access

COLOR UNIVERSAL DESIGN

色覚バリアフリー







Seminar

「第4回 Tokyo Vertebrate Morphology Meeting」開催

演題未定(決定次第掲示いたします)

参加ご希望の方は、御名前、御所属、学生 or 教職員をお書きの上、東京慈恵会医科大学解剖学講座の佐藤まで(momo-sato@jikei.ac.jp)電子メールでお申し込みください。お弁当、懇親会の準備の都合上、開催時期が近くなりましたら、再度こちらから参加確認のメールをいたします。昼食時も懇親会もDiscussionの場となる終日のプログラムです。脊椎動物の形態の多様性や進化発生に興味のある方、奮って御参加ください。

日時: 平成26年7月12日(土)10時〜20時(17時以降は懇親会)
場所: 東京慈恵会医科大学(西新橋キャンパス)高木2号館地下 南講堂

企画: 井関 祥子(東京医科歯科大学)、大内 淑代(岡山大学)、岡部 正隆(東京慈恵会医科大学)、真鍋 真(国立科学博物館)、和田 直之(東京理科大学)

ご質問は、岡部正隆(maokabe@jikei.ac.jp)まで御願いします。

過去に開催した「医学研究の基礎を語り合う集い」

 
第343回
ゼブラフィッシュとメダカを用いた繊毛関連疾患と糖尿病性腎症の研究
小原 朋子 博士 オクラホマ大学 医学部 細胞生物学講座  (2011.11.25)
 
 
第341回
適応進化研究のモデル生物としての洞窟魚
山本 嘉幸 博士 ユニバーシティカレッジロンドン  (2011.11.18)
 
 
第331回
魚類特異的ゲノム重複に由来する遺伝子の進化
佐藤 行人 博士 国立遺伝学研究所 集団遺伝研究部門  (2010.05.8)
 
 
第328回
我々の耳小骨はどのようにして3つになったのか?
武智 正樹 博士 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター (2010.03.26)
 
 
第323回
システムアプローチによる筋、軟骨、腱の分化制御機構の解明
浅原 弘嗣 博士 国立成育医療センター研究所 移植・外科研究部 (2009.12.03)
 
 
第322回
頭蓋冠発生
井関 祥子 博士 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 (2009.11.27)
 
 
第320回
DNA 損傷チェックポイントの網羅的 RNAi 解析
近藤 周 博士 ハーバード大学 医学部 (2009.7.22)
 
 
第313回
危機から生まれた哺乳類
岡田 典弘 博士 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 (2009.1.29)
(代理 佐々木 剛 博士 東京工業大学 大学院生命理工学研究科   研究員)
 
 
第310回
器官形成、発生異常とWnt シグナルを含む細胞増殖因子クロストーク
山田 源 博士 熊本大学大学院 薬学教育部 (2008.12.4)
 
 
第309回
性行動の遺伝学
山元 大輔 博士 東北大学大学院 生命科学研究科 (2008.11.13)
 
 
第305回
α-Klothoが制御する新たな生体応答システム
鍋島 陽一 博士 京都大学大学院 医学研究科 (2008.6.27)
 
 
第304回
DNA損傷におけるシグナル伝達機構とアポトーシス誘導
吉田 清嗣 博士 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 (2008.6.9)
 
 
第301回
ヒトゲノムからみた脳・神経系の進化
五條堀 孝 博士 国立遺伝学研究所 生命情報・DDBJ研究センター (2008.1.23)
 
 
第294回
ゲノム解読から見えてきた実験用マウスの起源
城石 俊彦 博士 国立遺伝学研究所 系統生物研究センター (2007.3.27)
 
 
第290回
メタゲノム解析によるヒト腸内細菌叢生命システムの研究
服部 正平 博士 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 (2006.11.16)
 
 
第283回
脊椎動物の付属肢位置の多様性を説明する発生メカニズム
田村 宏治 博士 東北大学大学院 生命科学研究科 (2006.4.26)
 
 
第282回
生殖系器官形成;モデル器官としての外生殖器形成メカニズム研究
山田 源 博士 熊本大学 生命資源研究・支援センター (2006.2.6)
 
 
第277回
神経細胞分化機構の解明によって明らかにされる脊椎動物脳の成り立ち
岡本 仁 博士 理化学研究所 脳科学総合研究センター (2005.5.25)
 
 
2006 © Masataka Okabe